1 【世界限定10部】天龍・オカダのWサイン入り

「2015天龍引退試合記念パンフレット」


このチャリティオークションでしか手に入らない

伝説となった2015年11月15日 天龍源一郎引退試合当時の

13000部限定販売のパンフレッドを限定10部出品。

(この記念限定パンフレッドは当日販売したもの以外、今は手に入らないものです)


天龍源一郎が引退して5年。

脳梗塞という大きな病にかかり、

数えきれないほどのファンから応援をもらってきた。


コロナと闘う人たちのために

プロレスファンへの恩返しの意を込めたチャリティの趣旨に

引退試合の対戦相手オカダ・カズチカ氏も賛同。


この企画のために、天龍源一郎が個人的に保管していた引退興行の限定パンフレッドをファンのみなさまにお届けすることを決意。

今回の出品ために、オカダカズチカ選手、天龍源一郎が直接サインを入れて

Wサインという他では行われていない両雄揃い踏みプレミアなグッズを出させていただきます。

世界で10部しか存在しません。



【天龍源一郎 最終興行 ~天龍源一郎 引退~ 革命終焉 Revolution FINAL 2015大会記念パンフレット】の詳細


 ①【見開き】天龍源一郎 自筆メッセージ

 ② 4ページにわたる天龍源一郎引退試合前のロングインタビュー

 ③ 7ページにわたる天龍源一郎 53年の格闘家人生回顧録

 他、メインマッチ天龍vsオカダの対戦ストーリーなど

 38ページにわたる天龍源一郎の最後の闘いの想いが詰まった永久保存必須の一冊。


 仕様

 ・ページ数:38

 ・サイズ:B4(H365 * W258)


2. 「幻のチャリティオークション特製ポートレート」


選手本人ですら通常手にすることができない、

幻の天龍源一郎現役時代のチャリティ特製ポートレート


プロレスのリングサイドは通常、

限られたスポーツ記者のカメラしか入ることができない。


そのため、選手の写真は選手本人にも自由に使えることが少なく、

そのほとんどはTV、雑誌、ネットメディア、から表に出回ることはない。

一般の人が手にできる機会はごくわずか。


しかし、今回天龍源一郎が主導となったこのチャリティ企画に、

スポーツ紙、ライターをはじめ、現役時代の対戦相手であった

選手たちが協力を快諾。

プロレス界を上げて、通常手に入らない特製ポートレートをファンの方にお届けし、チャリティとして寄付を行うという今までにない企画がスタートします。


この幻のチャリティ特製ポートレートは、WARを旗揚げした天龍が、まだスタートしてから2回目の1993年1月4日東京ドームで、新日本プロレス長州力氏と戦った伝説の試合の一枚。


WARと新日本プロレスの団体抗戦のクライマックスを迎えようとしている中であり、6年4ヶ月ぶりの長州vs天龍シングルマッチ戦。

滅多に手に入れることのできない写真に天龍源一郎が直接サインを入れてお届けします。


 仕様

 ・サイズ:A4(H297 * W210)

 ・マット ラミネート加工済 ※仕様は製作上の都合により、若干の変更がある場合がございます。ご了承下さい。

以下の内容で 【世界限定10部】天龍・オカダのWサイン入り 「2015天龍引退試合記念パンフレット」+「幻のチャリティオークション特製ポートレート」1993.1.4 東京ドーム を入札します、よろしいですか?
入札金額
[[ formatPrice(inputPrice) ]]
1度入札すると取り消すことはできません
入札が完了しました
LOGIN 入札にはログインが必要です