Vol.2 SUMMER UNIFORM AUCTION [第2弾]横浜FC 〜 2021 サマーユニフォームオークション 〜

横浜FC

横浜FC

選手が実際に身に纏った

サマーユニフォームに、

横浜FCに関わる全ての方々への

感謝の想いを込めて

直筆サイン入りでお届け ! ! 

2021年9月24日(金)20:00 〜 9月26日(日)22:00

<出品選手一覧>

袴田 裕太郎・高橋 秀人・ガブリエウ・クレーベ・三浦 知良・安永 玲央・市川 暉記・岩武 克弥・前嶋 洋太・高木 友也・韓 浩康・中塩 大貴・サウロ ミネイロ・渡邉 千真・スベンド ブローダーセン


計 15 選手


※出品商品は全て対象試合にて選手に支給されたユニフォームです。実際の着用有無に関して、対象試合のメンバー入り選手の内容によって異なりますので予めご了承下さい。詳細は各商品ページをご確認下さい。

Vol.2 SUMMER UNIFORM AUCTION

横浜FCに関わるすべての方々への感謝の想いをユニフォームに込め、選手たちの直筆サインを入れてお届けいたします!

サマーユニフォームを身に纏ってホームゲーム3戦を闘い抜いた、貴重なユニフォームになっております。

  • 様々な想いが込められたサマーユニフォームを直筆サイン入りでお届け!
  • 昨シーズンから続く新型コロナウイルス感染拡大の影響は、スポーツ界だけでなく、様々な国や地域に影響を与え、終息の目処も立たない状況がしばらく続いています…..。
  • しかし、このような状況下であっても東京オリンピックをはじめJリーグなどでは、多くの方々たちの支援や協賛があって競技を続けることができています。
  • 横浜FCにとっても、日々の練習を全力で打ち込める環境が用意され、毎週訪れる試合日には、最高のピッチコンディションが用意され、最高の雰囲気にスタジアムを仕立ててくれるアウェイチームも含めた多くのファンやサポーターたち。そして、最高のコンディションで試合に挑んでくれる対戦チーム。
  • こうした関わるすべての人たちの力があってこその、今のスポーツ、Jリーグ、そして横浜FCがあると強く痛感することができています。
  • そんな想いが背景としてある中で今回は、選手たちが実際に身に纏って闘っていたサマーユニフォームに、日頃からクラブ・選手を支えてくれている方々への感謝の想いを込めてオークションにてお届けいたします。
  • さらに、ユニフォームには着用選手本人の直筆サインを入れてお届けいたします!
  • 「日常に横浜FCを」
  • 横浜FCはこれまで、ホームスタジアムであるニッパツ三ツ沢球技場を「横浜を、もっと好きになる場所。」と位置づけ、様々な活動、発信を行ってきました。
  • 今シーズンのサマーユニフォームは、「日常に横浜FCを」をコンセプトに、より街中でも着用しやすいブラックをベースカラーとして創られました。
  • エンブレムは1stユニフォーム同様に、光沢のある軽量エンブレムをブラックで表現し、スポンサーロゴやメーカーロゴマークなどはホワイト一色で統一することにより、よりスタイリッシュなデザインに仕上がりました。
  • 横浜FCがより日常となり、横浜という街をもっと好きになるきっかっけになってほしいという想いが、このサマーユニフォームには込めています。