2021年6月11日にクラブ設立30周年&母体である古河電工サッカー部の創部75周年を迎えたジェフユナイテッド市原・千葉は、これまでの長い歴史を共に歩んできたファン・サポーターをはじめ、ジェフユナイテッド市原・千葉に関わるすべての人たちへ感謝の想いを込めてオークションを開催いたします!!

古河電工サッカー部が誕生した1946年

ジェフユナイテッド市原・千葉のはじまりは、今から75年前の1946年に古河電気工業のサッカー部として誕生したのがはじまりでした。

その古河電工サッカー部は、1960年に実業団チームとして初の天皇杯を制覇し、その5年後の1965年から始まった日本サッカーリーグ(JSL)に初年度から参加し、日本サッカーリーグ(JSL)が閉幕する1992年までの27年間、一度も2部リーグへ降格することがなかった唯一のクラブとして日本サッカー界に大きな影響を与え続けてきました。


日本クラブ初のアジアの頂点に

1986年12月、サウジアラビアのリヤドで開催されたアジアチャンピオンズリーグ(ACL)の前身である、第6回アジア・クラブ選手権で、予選を勝ち抜いた決勝大会では、サウジアラビアのアルヒラル、イラクのアルタラバ、中国の遼寧省の4チームとの総当たり戦で見事3戦全勝を果たして、日本クラブ史上初のアジアタイトルを獲得しました!


1991年にジェフユナイテッド市原が誕生

古河電工サッカー部が築いてきた数多くの歴史を受け継ぎ、1991年にジェフユナイテッド市原が誕生しました。