スポーツの垣根を超えたバレーボールドリームを!

更に強く。よりたくさんの人を魅了するチームへ。

2年目の東京グレートベアーズは、更に強くそして、よりたくさんの人を魅了するチームと成長しました。

バレーボールを含めた様々なエンターテイメント溢れる空間は、グレートベアーズホームゲームの代名詞となりました。

3月3日(日)「10000人」プロジェクト

3月3日(日)に有明コロシアム(東京)で行われた日本製鉄堺ブレイザーズ戦は「10000人」プロジェクトを実施。昨シーズンの8142人を大きく超え、8749人を動員し、V.LEAGUE MEN最多入場者数を更新しました。


試合前にはチームのテーマソング『北斗七星』を作成した東京スカパラダイスオーケストラがライブパフォーマンス。華々しい演出と、『北斗七星』の生演奏で選手たちが入場すると、会場のボルテージはさらにUP!


試合もフルセットにもつれ込む日もあったが、格上の日本製鉄堺ブレイザーズに2連勝を収め、バレーボールの歴史に大きな影響を与えただけではなく、ファンとの絆が深まった大切な2日間となりました。